暮らしと神道

トップ>暮らしと神道>神社ギャラリー

神社ギャラリー

神社の風景をご紹介。また、ギャラリーに投稿いただくこともできます。

※タグ・地域の選択または、キーワードを入力して「絞り込む」ボタンをクリックし、絞込表示ができます。

タグ:

地域:

キーワード:

神社ギャラリーに写真を投稿したい方は、右の「写真を投稿する」ボタンをクリックしてください。表示されたページの説明をご覧になった上で、写真データをお送りください。

タグ:神事
祷屋講

祷屋講

錦織神社・美咲町

撮影:久米郡美咲町錦織 國米 英男さん

祷屋講

祷屋講

錦織神社・美咲町

タグ:神事
撮影:久米郡美咲町錦織 國米 英男さん

祷受人は輪番制(11家)で毎年定められた順序で交代する。祷屋講の当日、神事 が行われ、次の祷受人の補佐としての副精進(ソエショウジン)をくじ引きで決め、 上座に現在と次の祷受人、その横に各々の副精進が座り、その他の講人は適宜に座に つき直会(なおらい)が始まる。
直会は黒い漆塗りの大椀2個に酒を満たし、2人の祷受人が各々一口飲み、その後 左右に廻し、空になるまで続ける。
直会が終わると。次の祷受人が「御神殿」を肩に担ぎ、副精進が赤い幟を持って次 の祷受人の家まで先導する。(その際、後を振り返ってはいけない)祷受人の家に着 くと、庭に木で新しく造った社に「御神殿」を納め幟を立てる。

この神社の詳細を見る
タグ:神事
田植え祭り

田植え祭り

中山神社・津山市

撮影:津山市一宮 

田植え祭り

田植え祭り

中山神社・津山市

タグ:神事
撮影:津山市一宮 

毎年4月29日午前10時30分から本殿祭を執行し、祭典終了後鳳輦(ホウレン) に御霊を遷し中門に安置する。
鳳輦の前で笛、太鼓の拍子に合わせて2匹の獅子が舞う中、氏子12名が白装束を着け境内の石畳を田に見立てて鍬振りの神事を行う。
五穀豊穣を願う田起こしの神事として同社に古くから伝わっており、当日は多くの参 拝者で賑わう。

この神社の詳細を見る
タグ:風景,花
カキツバタの群生

カキツバタの群生

菅原神社・笠岡市

撮影:笠岡市吉浜 志水 義則さん

カキツバタの群生

カキツバタの群生

菅原神社・笠岡市

タグ:風景,花
撮影:笠岡市吉浜 志水 義則さん

境内の御手洗池で5月になると名物のカキツバタ千株が紫色の花を付け、笠岡市文化財に指定されている眼鏡橋を背景に咲き誇る様は源氏絵巻の様相を呈する。

この神社の詳細を見る
タグ:春,風景,花
桜と瀬戸内海

桜と瀬戸内海

新庄八幡宮・倉敷市

撮影:倉敷市児島阿津 藤山 知之進さん

桜と瀬戸内海

桜と瀬戸内海

新庄八幡宮・倉敷市

タグ:春,風景,花
撮影:倉敷市児島阿津 藤山 知之進さん

境内から桜越しに瀬戸内海が一望できる。遠くに大槌島や香川県が見渡せ往来の船舶の眺めが美しい。

この神社の詳細を見る
タグ:花
真紅のツツジ

真紅のツツジ

國鉾神社・早島町

撮影:都窪郡早島町早島 管理者さん

真紅のツツジ

真紅のツツジ

國鉾神社・早島町

タグ:花
撮影:都窪郡早島町早島 管理者さん

神社の一帯に植えられた真紅のツツジは希少であり、近郊からの見物人で賑わう。白、紫の藤棚からの眺めが特に美しい。

この神社の詳細を見る
タグ:風景
竪穴式住居

竪穴式住居

諏訪神社・美咲町

撮影:久米郡美咲町田原 管理者さん

竪穴式住居

竪穴式住居

諏訪神社・美咲町

タグ:風景
撮影:久米郡美咲町田原 管理者さん

境内に復元された竪穴式住居。

この神社の詳細を見る
タグ:風景
洞窟

洞窟

穴門山神社・高梁市

撮影:高梁市川上町高山市 管理者さん

洞窟

洞窟

穴門山神社・高梁市

タグ:風景
撮影:高梁市川上町高山市 管理者さん

崇神天皇から、天照大神のご神体である御鏡を、「何処へおまつりしたらよいかさがしてきなさい」という命を受けた豐鋤入姫命が、紀伊国奈久佐浜宮から備中国名方浜宮(現在の穴門山神社)へ奉遷し、4年間奉斎したと伝えられている洞窟。

この神社の詳細を見る
タグ:風景,鳥居
大鳥居

大鳥居

北山神社・久米南町

撮影:久米郡久米南町北庄 管理者さん

大鳥居

大鳥居

北山神社・久米南町

タグ:風景,鳥居
撮影:久米郡久米南町北庄 管理者さん

神社の鎮座する山王寺山の頂きには、高さ約20メートル、柱の直径約1.5メートルの大鳥居が、神社の森厳さを加へて聳え立ち、遠近の目印となっている。
鳥居の手前はたばこ畑が広がり鳥居とのコントラストが美しい。

この神社の詳細を見る
タグ:秋,鳥居,木
紅葉

紅葉

阿口神社・真庭市

撮影:真庭市阿口 長田 成徳さん

紅葉

紅葉

阿口神社・真庭市

タグ:秋,鳥居,木
撮影:真庭市阿口 長田 成徳さん

紅葉の参道が美しい阿口神社。

この神社の詳細を見る
タグ:鳥居
日本一の石鳥居

日本一の石鳥居

茅部神社・真庭市

撮影:真庭市蒜山西茅部 管理者さん

日本一の石鳥居

日本一の石鳥居

茅部神社・真庭市

タグ:鳥居
撮影:真庭市蒜山西茅部 管理者さん

安政7年正月、茅部神社の氏子石賀理左文、友金宇平は近江の多賀大社に参拝したとき、同神社の石鳥居が日本一だと聞き、これより大きいものを地元に造り日本一にしようと考え、実測して帰った。
3年後の文久3年にその願いを果たしたという。石材は茅部神社のある岩倉山の花崗岩である。石工は、伯耆国倉吉の横山直三郎、郷原在住の米倉鉄造の2人が腕を振るった。
2本の柱と笠木・島木・貫・額束で組み立てた神明型鳥居で、柱は地中に基礎を作って下部を深く埋め地上の長さ11.45メートル、直径1.20メートル、下部約3メートルを別石で12角に仕上げ、その上に円柱を継ぎ接合点は鉄の鎗でとめてある。地上から笠木の上端までの全高13.8メートルであったが、何度かの補修で下部を埋めたため現在10.65メートルとなっている。

この神社の詳細を見る
タグ:秋,風景,木
紅葉

紅葉

廣峰神社・高梁市

撮影:高梁市有漢 中山 正敏さん

紅葉

紅葉

廣峰神社・高梁市

タグ:秋,風景,木
撮影:高梁市有漢 中山 正敏さん

モミジやカエデなどの紅葉が美しい山中に、ひっそりと佇む廣峰神社。

この神社の詳細を見る
タグ:神事,祭
御供

御供

志呂神社・岡山市

撮影:岡山市北区建部町下神目 日野 正彦さん

御供

御供

志呂神社・岡山市

タグ:神事,祭
撮影:岡山市北区建部町下神目 日野 正彦さん

通称「京尾御供」と呼ばれ、10月20日に行われる秋祭りに,久米南町京尾の氏子から備えられる神饌行事である。だんごでつくった「ブト」「マガリ」と称する男女の陰と陽を形どったもの3個と、餅でつくった「丁銀」3個、それに米飯1盛、柚子1個、箸1膳、榊葉若干を三宝に盛った7台の熟饌が調整され、御幣を立てた唐櫃にかつがれて供饌される。その製法と形態は、今も厳重なしきたりで行われており、往古の暮らしや物の考え方がうかがわれる貴重な民俗文化財である。

この神社の詳細を見る
タグ:神事
おいつき祭

おいつき祭

御前神社・新見市

撮影:新見市大佐布勢 竹田 義周さん

おいつき祭

おいつき祭

御前神社・新見市

タグ:神事
撮影:新見市大佐布勢 竹田 義周さん

「おいつき祭」は旧暦3月1日に行われる。神社で祭典の後、清事代(子供)が御幣、絵馬を左肩に担ぎ、おいつき小屋(当番組で茅、稲藁等で作った小社)に安置して、毎月旧暦1日に月次祭を行う。
旧暦11月1日の前日、頭屋にオハケ(約2メートルの高さに束ねたカヤに御幣を付け3束立て、注連縄を張ったもの)を立てる。オハケの中央には、先端に3体の御幣をつけた15~16メートルの真竹を立て、おいつき小屋から清事代により、御幣、絵馬が頭屋の神床に迎えられる。
11月1日になると清事代は頭屋から主人に付き添われ御幣、絵馬を左肩に担ぎ神社に向かい納める。この時膳組を作り神前にお供えし、祭典を行う。祭典が終わると当番組、総代等が膳組を食す。
膳組は団子の吸い物、甘酒、団子粉で作ったちくわ・かまぼこ、よりぎょう(円錐形のおむすび)、干し柿、小餅である。

この神社の詳細を見る
タグ:神事
渡り拍子

渡り拍子

諏訪神社・高梁市

撮影:高梁市成羽町長地 高田 賢彦さん

渡り拍子

渡り拍子

諏訪神社・高梁市

タグ:神事
撮影:高梁市成羽町長地 高田 賢彦さん

当社の渡り拍子は11月第2日曜日の秋祭に行われる。華やかな衣装をまとって、鐘と太鼓の拍子に合わせて神幸祭の行列に加わる。

この神社の詳細を見る
タグ:神事
しゃくし祭り

しゃくし祭り

木野山神社・高梁市

撮影:高梁市津川町今津 小野 泰道さん

しゃくし祭り

しゃくし祭り

木野山神社・高梁市

タグ:神事
撮影:高梁市津川町今津 小野 泰道さん

当社の夏季大祭(7月10~16日)の最終日に当たる16日午後に神賑行事として、「しゃくし撒き」が行われる。この行事のため夏祭を「しゃくし祭」と呼ぶ人もいる。
大正時代から行われている「しゃくし撒き」は「災いをメシ(飯)取り福をすくう」という意味で御福の景品が当たる福しゃくしをまぜて約2000本のしゃくしを多数の参拝者に撒いており名物の伝統行事となっている。

この神社の詳細を見る
10 20 21 22 23 24 22/24ページ
PageTop