岡山の神社を探す

諏訪神社

スワジンジャ

プリント用PDF

由緒

下高末の氏神である当社は明応7年(1498)に信州の諏訪神社を勧請した。下諏訪神社の祝が戦争に負けて神霊を背負うてきたともいう。貞享元年に再建。元禄6年10月に鳥居を建立.明和7年炎上。同8年に再建。平成11年本殿前殿を再建。
参道には、「天保11成子7月吉日」と銘のある手水鉢、「安政2乙卯11月吉辰」と銘のある石造唐獅子一対、「天保11庚子年孟秋吉日、願主惣氏子中、火袋寄附 兼帯庄屋長谷川氏」とある石燈龍一基がある。末社の荒神社には大正元年(1912)に下高末の各地に祭られていた寺原神社、水野山神社、稲荷神社、十二神社(二社)明剱神社、地神社、八坂神社、荒神社が合祀されている。御崎神社は王子宮 水分神社 国水分神社等を祭り、乳の神様で、神前には今も乳の出の悪い女性が奉納した乳房を型どった絵馬が供えられている。
当社の氏子は70戸であるがもとは土高末字土井の全株、三谷の川上・岡田両株、高階の岡田株も氏子であった。農地改革までは神田1反5畝があり、当番組で耕作して祭りの費用にしていたが、現在は部落費より袖助があり、不足分は当番組が負担している。

ギャラリー

  • 神幸祭
神幸祭

神幸祭

諏訪神社・矢掛町

タグ:秋,祭

諏訪神社(小田郡矢掛町下高末)の神幸祭で神輿を駐めて神職がお旅所祭を執行。担ぎ手は神事の間、河原の岩の上で御神酒をいただき一服する。
長閑な山間の秋祭り。

基本情報

神社コード 09076
神社名 諏訪神社(スワジンジャ)
通称名 諏訪さま
旧社格 村社
鎮座地 〒714-1204 小田郡矢掛町下高末2896
電話番号
FAX番号
駐車場 有 20台
御祭神 健御名方命,八坂入姫命
御神徳 五穀豊穣, 家内安全
主な祭典 8月14日:古祭
11月文化の日:秋祭り
12月31日:新嘗祭合祀祭
宮司宅電話 0866-93-6283
URL
e-mail
特記事項 古祭には宮踊りを行う
土用入り頃村祈祷を行う
寅年・申年に荒神社式年祭がある
交通アクセス
矢掛駅から北へ4km
氏子地域
小田郡矢掛町(下高末城平、桜木、古頃下岡)
PageTop