岡山の神社を探す

八幡宮

ハチマングウ

プリント用PDF

由緒

 当社の現在の宮地は、大古邑久郡の中部一帯が海であった時、小高い砂地であり海の中の浮地であった。その中に1本の松が挺然屹立し、その浜辺に打寄す白波は日の出を受け、月光麗朗影を描き黄金色をなし、瀬戸内を航海するものの霊場として、海上安全の神・尾張連の祖、高倉下命を祀った。
 当時、瀬戸内海交通最大の障害は霧であった。その霧を払うために祀られていたと想像される。
 現在の百枝八幡宮が尾張の総氏神として鎮座されたのは、宝亀2年(772)に高砂山系の早稲田の里、休所(現在の山手半田)に鎮座されていた正五位下稲戸明神から奉遷された。古文書によると、当時はその老木の枝が百枝もあることから「金海百枝松八幡宮」と称されていた。

基本情報

神社コード 08027
神社名 八幡宮(ハチマングウ)
通称名 百枝八幡宮
旧社格 村社
鎮座地 〒701-4221 瀬戸内市邑久町尾張398
電話番号
FAX番号
駐車場 有 100台
御祭神 仲哀天皇,応神天皇,神功皇后
御神徳
主な祭典 10月体育の日:秋季例大祭
5月5日:春まつり
宮司宅電話 0869-22-2007
URL
e-mail
特記事項
交通アクセス
JR赤穂線邑久駅から南へ徒歩5分 邑久役場前バス停から南へ徒歩3分
氏子地域
瀬戸内市(邑久町尾張)

神事一覧

PageTop