岡山の神社を探す

八重籬神社

ヤエガキジンジャ

プリント用PDF

由緒

寛政五年、松山城主板倉周防守勝政の創建。板倉氏の始祖伊賀守勝重を祀る。神祇道管領長吉田良倶朝臣が「宗源の神宣」を以って八重籬霊社とし、特に大権現の尊号を奉った。由来、備中松山五万石藩領全域を崇敬区とし、その維持は専ら藩財政でまかなわれた。明治十八年二代公重宗を合祀すると共に郷社に、大正六年県社に昇格した。因に祭神勝重、重宗は父子相継ぎ京都所司代に任ぜられ、在任五十有余年の長きに亘り、清廉高潔で、衆望篤く治績顕著であった。

基本情報

神社コード 11002
神社名 八重籬神社(ヤエガキジンジャ)
通称名
旧社格 県社
鎮座地 〒716-0004 高梁市内山下120
電話番号
FAX番号
駐車場
御祭神
御神徳
主な祭典
宮司宅電話
URL
e-mail
特記事項
交通アクセス
氏子地域
PageTop