岡山の神社を探す

百射山神社

モモイヤマジンジャ

プリント用PDF

由緒

 当社は、平安時代(794~1185)に完成した「延喜式」(えんぎしき)にも名を残している古社で、元は福山(倉敷、清音、山手にかかる標高302メートルの山)に奉斎されていたが、建武年中の福山合戦(1336)にて社殿を焼失した。
 後に隣山の幸山(こうやま)に遷座されたが、更に江戸時代の始め藩主池田光政公の命により寛文12年(1672)現在の宮山の麓へ移され今日に至っている。
 創建は不明であるが、御祭神の大山積命は伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、伊弉冉尊(いざなみのみこと)の御子で、天孫瓊瓊杵尊(てんそんににぎのみこと)の后妃木花開耶媛命(このはなさくやひめのみこと)の御父神であり、第1代神武天皇の御代に伊予国(愛媛県)大三島に御鎮座された大神様である。
後の御代に命の御神裔五田守国勝長狭命(ながさのみこと)と宇津命(うつのみこと)が、水軍を率いて吉備の島々の賊を平らげ、滞在地の百射之山島(福山)に御祖神(みおやがみ)大山積命を奉斎したのが当社の始まりと伝えられている。

基本情報

神社コード 10004
神社名 百射山神社(モモイヤマジンジャ)
通称名
旧社格 村社
鎮座地 〒719-1132 総社市三輪1347
電話番号
FAX番号
駐車場 有 10台
御祭神 大山積命,猿田彦命
御神徳
主な祭典 4月第2日曜日:祈年祭
10月第2日曜日:例祭
12月第2日曜日:新嘗祭
宮司宅電話 0866-93-9925
URL
e-mail
特記事項
交通アクセス
総社南高校から東へ500m
氏子地域
総社市(三輪 上三輪、下三輪、三因)
PageTop