岡山の神社を探す

八幡宮

ハチマングウ

プリント用PDF

由緒

 当社の由緒沿革は不詳である。
「岡山市の近世寺社建築」に次の通り記載されている。
 本殿は三間社で屋根は入母屋造りである。柱は本柱が円柱、庇を几帳面取り角柱とする。組み物は大斗肘木。軒を一軒疎垂木とする。本柱と向拝は海老虹梁でつなぐ。正面側面三方に擬宝珠付き柱の高欄をめぐらし、向拝には浜床を設ける。柱間装置は正面中央間桟唐戸で、両脇間を板戸引き違いとし、背側面は全ての間を板壁とする。
材は松が中心で、向拝廻りは特に吟味された良材を使用している。
 本殿の建立年代を示す資料はないが、木鼻や海老虹梁の渦の形状等の様式からみて、18世紀前期頃と思われる。
 なお、向拝の軒を二軒にする計画があったのかも知れない。派手さはないが、堅実な仕事がされている建物である。

基本情報

神社コード 08085
神社名 八幡宮(ハチマングウ)
通称名 岩熊八幡宮
旧社格 村社
鎮座地 〒709-0613 岡山市東区百枝月1466
電話番号
FAX番号
駐車場
御祭神 仲哀天皇,応神天皇,神功皇后
御神徳
主な祭典 10月22日:秋祭
宮司宅電話 086-297-9600
URL
e-mail
特記事項
交通アクセス
JR赤穂線西大寺駅から東へ3km
氏子地域
岡山市東区(百枝月)
PageTop