岡山の神社を探す

熱田八幡宮

アツタハチマングウ

プリント用PDF

由緒

 当社は延宝8年(1680)中尾宮山(岡山市中尾)に中尾、上道北方、鉄(くろがね)の鎮守神(氏神)として建立された。
 宝暦2年(1752)火災で社殿を全焼したが、宝暦12年(1762)再建された。
 六社大明神の1之社と称され、社領八石の寄進を受けた。
 本殿の屋根は昭和のはじめ桧皮葺から銅板葺に替えられたほか、しばしば社殿の補修が行なわれた。
 秋季大祭には6社の神輿が神幸され1之社として先頭に宮司が乗馬し、2之社、3之社と次々に並んで総社宮(藤井)に東西に別れ3基ずつ並んだ。昭和21年まで6基の神輿の神幸があったが、現在は神輿の神幸は別々に行われている。

基本情報

神社コード 08078
神社名 熱田八幡宮(アツタハチマングウ)
通称名 熱田八幡宮
旧社格 村社
鎮座地 〒709-0626 岡山市東区中尾805
電話番号
FAX番号
駐車場 有 10台
御祭神 応神天皇,仲哀天皇,神功皇后,産土大神
御神徳 厄除開運, 学業成就
主な祭典 1月 成人の日:祝年祭
7月15日:祈年祭
10月 体育の日:大祭
宮司宅電話 086-297-9600
URL
e-mail rihan@opal.plala.or.jp
特記事項
交通アクセス
JR山陽本線上道駅から北へ徒歩5分中尾バス停から北へ徒歩6分
氏子地域
岡山市東区(上道北方、中尾、鉄)

神事一覧

PageTop